新入生のための遠隔授業を受けるための準備のページ

遠隔授業サポートページ

新入生用ページ     |     学生用ページ     |     Q & A(学生用)


(更新日:2020年5月15日)

<重要!> WebClassへのアクセス制限について

(5月15日より,授業時間外のアクセス制限を解除しました.)
現在,WebClassの同時アクセス数の最大値は400人です.学生数は約4000人ですから,学生,教員ともにアクセスのスケジューリングを行わなければ,システムがダウンしてしまう恐れがあります.そのためWebClassの利用にあたり,こちら(5/15版) に示すルールを作成しました.円滑な授業運営のために,必ずこのルールを守ってください

はじめに

東京女子大学では,新型コロナウィルス感染症COVID-19拡散防止のために,遠隔授業を実施します.このページは,新入生の皆さんが,大学生活で必要になる複数の教育用ICTシステムにアクセスするためには何をすればよいのか,また遠隔で開講される様々な授業を無事受けられるようになるために何をすればよいのか,その手順をまとめたものです.

(注)本ページは随時アップデートされています.定期的に内容を確認してください.


遠隔授業において禁止される行為

遠隔授業の履修にあたり,授業妨害・プライバシー侵害を招く恐れのある以下のような行為を禁止します.これらは「東京女子大学学生懲戒規程」第4条第3号にある (3) 情報倫理に反する行為 として罰せられます.

教育用ICTシステムとは?

皆さんが東京女子大学で学生生活を送るためには,様々な教育用ICTシステムの利用が必要になります.例えば,履修科目の登録や成績確認を行うための学生用Webシステム,講義資料の閲覧,レポートの提出などを行う学習支援システムなどがあります.これらのシステムを利用するためには,皆さんが「東京女子大学の学生である」ことを確認する手続きが必要です.東京女子大学では,この手続きに「学内統一パスワード」を用います.具体的には,皆さんは,以下のようなシステムを利用することになります.

遠隔授業とは?

遠隔での授業の形態は様々ですが,対面で行う授業とは異なり,コンピュータやツールの使いこなしがより重要になります.詳細については 学生用ページ を見てください.

必ず行う必要があること

履修登録を行ったり,遠隔で授業を受講するためには,以下の2つの項目を必ず行う必要があります.これ以降の部分に書かれている手順に従って,必ず設定を行ってください.

具体的な手順

準備が必要なもの

認証について

教育用ICTシステムを利用するためには,システムの利用資格を持つ本人であることを確認する手続きが必要です.この手続きのことを「認証」と言います.コンピュータの認証には,ログイン名とパスワードが利用されます.新入生には,ユーザ名(8桁の英数字)と初期パスワードが書かれた用紙が郵送されます.銀行口座の暗証番号を秘密にするように,コンピュータで利用するパスワードも秘密にしなくてはなりません.「初期パスワード」は受領後にすぐに変更し,変更後のパスワードの管理には十分注意してください.

(注)ユーザ名と初期パスワードが書かれた紙は大切に保管しておいてください.
      万が一,パスワードの再発行が必要になった場合に利用します.


まず最初に行うこと(パスワードの変更)

受領した「初期パスワード」の変更を行います.変更の手順は次のとおりです.

  1.   よいパスワードのつけ方 を参考に,自分のパスワードを考えます.

  2.   パスワード設定マニュアル をよく読み,記載されている手順に従って,初期パスワードを自分が考えたパスワードに変更します.マニュアルの中には,パソコンから変更する手順を記したパソコン編と,スマートフォンから変更する手順を示したスマホ編があります.自分の環境に合わせて,どちらかの方法でパスワードを変更しましょう.(VPNページへは ここをクリック してもアクセスできます.)

  3.   ここで変更したパスワードは,学内統一パスワード と呼ばれ,様々なシステムで共通に利用することができます.パスワードの変更ができたら,このページの下の方に書かれているいくつかのシステムを実際に使ってみましょう.


パスワードに関する注意事項(重要!)

パスワードが洩れると,誰かが個人的なメールも含めてファイルを盗み見たり,削除したり,ときには改変したり,個人設定を変更したり,あなたをよそおって,インターネット上で買い物をしたり,有料のサービスを受けたり,いたずらや嫌がらせなどの迷惑行為を行うことが可能になってしまいます.東京女子大学のコンピュータシステム全体が危険に晒されてしまうこともあります.被害者だけでなく加害者にならないよう,パスワードの管理については,以下のことがらに特に注意して,適切に管理してください.

パスワードは秘密に
パスワードは自分だけの秘密として,他人に教えたり知られるようなことはしない.
メモはしない
メモ用紙や手帳やスマートフォンは落とすこともあり,そのような場合には中身を見られることもあるので,いかなる媒体にもパスワードはメモしない.初期パスワードは紙に書かれたものなので,必ず変更すること.
同じパスワードは使わない
東京女子大学のコンピュータネットワークのパスワードは他のプロバイダなど,他のシステムで利用しているものは利用せず,システム毎に違うパスワードをつけること.
単純なパスワードはつけない
例えば,辞書に載っているような単語そのままのものは,いかに難しい単語であってもコンピュータを使って仕掛けられるパスワード破りに対しては,脆弱です.また,自分の生年月日などを含めただけでは,人が推測しようと思えば推測できてしまいますし,推測しようとする人もいますので,単純なパスワードはつけないようにする.


次に行うこと(東女Gmaiの設定)

東女Gmailの設定を行います.Gmailへのログイン方法 に記載されている手順に従って,東女Gmail にログインしてみましょう.簡単な使い方については メールの使い方 をご覧ください.東女Gmailには,4月7日以降 にアドバイザーの先生からメールが届きます(アドバイザーとは?).内容を確認し,必ず先生からのメールに返信をしてください.メールはときどき「迷惑メールフォルダー」に振り分けられてしまうことがあります.先生からのメールが届かないときは「迷惑メールフォルダー」の中身も確認してください.

(注)4月11日までにアドバイザーからのメールが届かない場合は,以下のアドレス
      kyomu@office.twcu.ac.jp にメールを送り,指示に従ってください.このとき,
      件名は必ず「(学生番号)メール未着」としてください.


その他のシステムの利用手順

パスワードの変更が終了したら,以下の2つのシステムを利用してみましょう.いずれも,東京女子大学で学生生活を送るために必須のシステムです.

便利なリンク集

困ったときは?



<本ページは,東京女子大学・遠隔授業プロジェクトにより運営されています.>